豚を家族に迎えビーガンになった元養豚家のドキュメンタリー

子豚Lifestyle

畜産農業をやめて豚を養子に迎え、ビーガンになったJustin Reineke氏は、PETAの短編ドキュメンタリーの中で、養豚の残酷さと、豚のBubbaを家族に迎えた経緯を語っています。

今振り返ってみると、私たちの行っていたことが怖くて仕方ありません。

それは普通のことではありません。多くの記憶は私にとって悪夢です。

子豚

Reineke氏が食肉産業で働き始めたのは16歳のときでした。

この地域は畜産農業が盛んな地域で、「恐ろしい」工場で働くことが、多くの地元の人々にとって唯一の選択肢でした。

家族や友人からの社会的なプレッシャーの中で、この業界の他の労働者は声を上げられないでいます。

私が話すことで、彼らが自分の話を共有しやすくなると思います。

Reineke氏によると、生後2日以内に、子豚の歯は電気カッターで切り取られます。

その後、獣医の訓練すら受けていない労働者が、無麻酔で、加熱された庭鋏を使用して豚の尾を切り取り、オスを去勢します。

【動画閲覧注意】
※途中、子豚を地面に叩きつけ淘汰する場面や、無麻酔の断尾・去勢、豚への暴力シーンがあります。

動画の中で、彼は分娩エリアで最初に目にしたことを説明しています

地面に病気の子豚を叩きつけて淘汰する 「タンピング」。

Reineke氏は、彼が働いていたすべての施設で、この 「タスク 」は養豚の標準的な慣行だったと言います。

養豚業界にとって豚たちはただの金儲けの道具でしかなく、彼らは死ぬまであの施設にいることになります。

若い豚は好奇心旺盛でよくなつき、繁殖に使われる前に信頼関係を築くことができます。しかし、信頼を築き上げてもそれは奪われてしまうのです。

長年、養豚業界で働いていたReineke氏は、仕事を辞めることができ、今では豚や他の動物を搾取しないビーガンのライフスタイルを貫いています。

Reineke氏と、彼の妻Carolina Valenzuela氏は、豚を救いBubbaという名前をつけて養子にしました。

豚

Bubba

Bubbaは何にでも好奇心が旺盛でとても頭が良いです。

養豚場の豚舎では彼らの個性的な姿を見ることはできませんでした。

あまりにも残酷で悲しい環境にいた彼らと日々接する経験をした後に、楽しそうなBubbaが幸せな環境にいるのを見ると私も幸せになります。

一般の人々は何がおこっているか理解していません。私が経験したことを話すことで、養豚場で起こっている残虐行為に目を向けてもらいたいと思います。