ビーガン児童書作家マリッツァ・オリバー氏の穏やかでパワフルなビーガニズム

Maritza Oliver.Lifestyle
出典:https://www.veganchildrenbooks.com/

アクティビズムには様々な形があるかもしれませんが、静かな方法で、何千もの動物の苦しみに気づきをもたらすことで、動物の犠牲を減らすために大きな貢献をしている一人の女性がいます。

Maritza Oliver マリッツァ・オリバー氏は、彼女の絵本を通して、動物の窮状に対する意識を高め動物の犠牲を減らそうと活動する何人もの人々のうちの一人です。オリバー氏は14歳の息子を持つ母親であり、彼女と夫と息子の家族全員がビーガンです。

 Maritza Oliver.

出典:https://www.veganchildrenbooks.com/

ペルーで生まれ育ったマリッツァ・オリバー氏は、2002年カナダに移住し、起業家、アーティスト、活動家、作家、イラストレーターとして活躍しています。

ペルーのリマとスペインのマドリッドで美術とグラフィックデザインを学んだ後、現在は、動物愛護、環境、社会正義への愛とアートへの情熱を兼ね備えた、ビーガンに関する子供向け絵本を書き、家族が健康的なビーガン生活を送っていることを誇りに思っています。

2013年7月、オリバー氏はゲイリー・ユーロフスキー氏のスピーチ「The Best Speech You Will Ever Hear」に出会い、真剣に自分の道徳心に疑問を持ち始めました。

彼女は、まるで自分が生まれ変わって、自分の人生に意味のあることをする第二のチャンスを与えられたかのように感じたと言います。

畜産の残酷で非人道的な慣行についての恐ろしい真実を知った後、彼女はビーガンになりましたが、それ以来、過去の私に戻ろうとすることはありませんでした。

彼女は、他の多くのビーガンが理解していることを学んで理解し、二度と動物に痛みや苦しみを与えない生き方を選び、それが今までで最高の決断だったと言っています。

オリバー氏はビーガンとしての人生の旅の中で自分を成長させてきましたが、自分自身を社会正義の活動家と考えています。

オリバー氏は、彼女の人生全体の肖像画家でしたが、彼女は母親として、子供たちに手を差し伸べることの重要性を強く信じているので、子供たちのためのビーガン本を書くことを選びました。

彼女は、子供たちはよりオープンマインドで、本質的に思いやりがあり、新しいアイデアを受け入れる力があり、幼い頃から自分で選択する権利を与える必要があると感じています。

オリバー氏は、

自ら選択する力を与えられた子供たちが、今日私たちが目撃している大規模な倫理的危機から人類を救うことができる。

と彼女が信じていることを説明しています。

マリッツァ・オリバー氏のビーガン児童書は、私たちがこの地球を共有しているすべての動物のために、日々の実践の一環として、思いやり、優しさ、共感を広げていけるように、未来の世代に力を与えるために作られました。

彼女の本は独特のスタイルを持っています。カラフルなイラストが特徴的で、声を上げられない者の苦境を描いています。彼女のビジョンはシンプルです。「すべての者への愛、尊敬、思いやり」

馬と女の子

オリバー氏は、ママであること、本を書くこと、アートを作ることで多忙な日々を送っていますが、地元のビーガンイベントに参加したり、ビーガン活動をする非営利団体を支援する時間を見つけ活動しています。

母親であり、作家、イラストレーター、活動家でもあるオリバー氏の作品は、彼女の人生と彼女にインスピレーションを与えるものを反映しています。

オリバー氏にとって、ビーガンというライフスタイルは単なる絶対菜食ではなく彼女の人生のすべてです。

動物、正義、平等、自然、ビーガンのメッセージを広めたいという彼女の愛は、彼女の創造的なプロセスの原動力となっています。

オリバー氏は、彼女の作品を通してビーガンを広めるために残りの人生を捧げることを約束しています。

ガチョウ親子

オリバー氏は、彼女自身の言葉で世界に伝えたいメッセージを説明しています。

もしあなたがビーガンなら、そのポジティブな変化を他の人と共有してください。最も重要なことは、世界をより良い場所にするために自分自身を誇りに思うことです。

もしあなたがまだビーガンではないなら、あなたの行動と自分の価値観を結びつけて、ビーガニズムが私たちができる最低限のことであり、この地球上で生きていくための最も倫理的な方法であることに気付いてほしいと思います。


参考サイト:https://www.vegansociety.com/whats-new/blog/quiet-vegan-activism