2070年までに30億の人々がサハラ砂漠並みの暑さの中で生活する

砂漠Environment

南京大学のChi Xu氏が率いる国際的な科学者チームが執筆した、人間も他の動物や植物と同じように、好む気候や環境のニッチを持っていることを示唆し、気候変動が何十億人もの人々をこの快適なゾーンから遠ざけるだろうとする研究が、雑誌「PNAS」に掲載されました。

Future of the human climate niche

砂漠

北極圏に住むイヌイットや、北アフリカの砂漠に住むベドウィンのことを考えてみれば、人間は、ほとんどすべての気候で生きることができることを示しているという点で驚くべき生き物です。

しかし、この新しい研究では、人間も他の動物や植物と同じように、好む気候や環境のニッチを持っていることが示唆されており、気候変動は何十億人もの人々をこの快適なゾーンから遠ざけるだろうと述べています。

研究チームはまず、過去6,000年の間、大多数の人々は常に年間平均気温が11℃から15℃の間にある地域に住んでいたことを示しました。

将来の気候変動はこの平均気温に影響を与え、最も極端な場合、35億人の人々が現在の気候ニッチの外にいることになると予測します。

実際、私たちの3人に1人は、年間平均気温が29℃を超えるサハラ砂漠のような気候を経験することになるでしょう。

Veganになった哲学者ー畜産は私たちの地球を容赦なく破壊するー
英国の哲学者レイ・モンク氏は、畜産農業の破壊的な地球環境への影響を知り、家畜たちが強いられた悲惨な現状の写真を見るなどして、ビーガンになることを決めました。 レイ・モンク氏は、ビーガンになることを決心し実行した経緯を、雑誌「Finan...

人間の気候ニッチ

公園

この研究の中心にあるのは、人間の「気候ニッチ」、つまり現代人が「繁栄する環境の範囲」という概念です。そして、この範囲は時代とともに変化してきました。

アフリカの霊長類から進化した現代人が最も快適に過ごせるのは21℃から27℃の間であり、私たちの祖先はアフリカのこの平均年間気温の地域に住んでいました。

しかし、初期の人類が火を利用し、飲料水を貯蔵・運搬し、衣服を作り、家を作ることを学んだことで、この気候範囲は大幅に拡大したのです。

これらの発展は、最終的には南極以外のすべての大陸に定住することを可能にしました。

私たちの気候ニッチは、約1万年前に始まった農業の発明によって、再び狭くなりました。

牛

動物の家畜化は氷河期の終わりに起こり、アジア、アメリカ大陸、アフリカを含む世界の少なくとも10の場所で独自に出現しています。

これらの地域のそれぞれから新しい農業畜産が広がり、先住民の狩猟採集者と競合し、先住民たちは限界地に追いやられました。

今日、世界の食糧の75%は、この第一波の間に、農作物/家畜化された12種の植物と5種の動物から生産されています。

Building on gender, Agrobiodiversity and Local knowledge

ぶた

農業従事者が温暖な地域から、さらにより温暖な土地に進出すると、その生産性は大幅に向上しました。

食糧生産量の増加は人間の人口拡大につながり、その結果、人間の気候ニッチのモデル化は、人間が家畜化した動物が繁栄する場所に伴っています

この新しい論文をより詳しく見てみると、今日の人間の気候ニッチには、実際には11-15℃と20-25℃の間に2つの人口ピークがあることが明らかになっています。後者は、非常に肥沃な東南アジアのモンスーン地域に住む巨大な人口によるところが大きいと思われます。

未来の気候ニッチ

気候変動が地球を温暖化させると、各地域の年間平均気温が上昇します。

新しいこの研究では、極端な気候変動は、現在と同じ気候範囲にとどまることを望むならば、35億人の人々が移動しなければならないことを示唆しています。

仮に強力な気候政策によって世界の気温上昇を2℃に抑えることができたとしても15億人が移動しなければならないと主張します。

グラフ

出典https://www.pnas.org/content/early/2020/04/28/1910114117

気候シナリオにおける非常に暑い地域の拡大。現在の気候では、29℃を超える地域は、サハラ地域の領域に制限されています。2070年には、このような状態が領域全体で発生すると予測されています。人口移動がなければ、その地域には2070年に35億人が住むことになります。

外作業の制約

麦

さらに、この研究は、食糧安全保障について重要な指摘をしています。

世界の食糧の半分は零細農家によって生産されており、エネルギー投入の大部分は農家の肉体労働によるものです。

世界が温暖化すると、外での作業が物理的に不可能になる日が増え、生産性と食料安全保障が低下します。

このまま食肉産業に依存し続ければ2050年までに食料供給が滞る
独立系市場調査会社IDTechEx が発表した、技術アナリストDr. Michael Dent氏の報告書は、食肉産業がいかに持続不可能であるかを明らかにしています。 ➡Plant-based and Cultured M...

ランセット気候委員会の発表によると、2018年には極端な気温と湿度のために1500億時間以上の労働時間が失われています。これは、農村部の農業で働き続ける人がどれだけいるかによっては、2~4倍になる可能性があります。

Health and climate change: policy responses to protect public health

また、気候帯の変化によって最も影響を受けるのは、最も貧しい人々であり、外で働く農家が生産する食料に最も依存している人々であることも明らかにしています