科学は環境破壊が人間に病気をもたらすという多くの証拠を示します

森林破壊Environment

2016年、すでに科学者たちは、環境の変化が感染症の蔓延に及ぼす驚くべき影響を実証していました。

これは、森林伐採やその他の土地利用の変化が、マラリアからジカウイルスに至るまで、あらゆるものの主な原因となりうることを示唆するものです。

Deforestation-driven food-web collapse linked to emerging tropical infectious disease, Mycobacterium ulcerans

森林破壊

これまでの多くの研究では、環境の変化が蚊のような病気を媒介する生物にとってより適した環境を作り出したり、蚊を人間に近づけたりすることに焦点を当ててきました。

例えば、マレーシアでは森林伐採によって人間のコミュニティが森林に生息するサルに近づき、これらのコミュニティの人々が通常サルだけに見られるマラリアに感染し始めているという研究があります。

Association between Landscape Factors and Spatial Patterns of Plasmodium knowlesi Infections in Sabah, Malaysia

さらに別の研究では、南アフリカのダムが、蚊が繁殖するための水場を作り、マラリアの発生率を急増させていることがわかりました。

Malaria cases in Africa are soaring. Here’s the surprising reason why.

昆虫

Science Advances」誌に掲載されたこの研究は、少し違った取り組みが行われています。

この研究では、土地利用の変化が生態系の食物連鎖を変化させる方法と、その中に潜む病気の原因となるバクテリアに焦点を当てています。

そこから、一定の環境悪化が、細菌の主な宿主として機能する、食物連鎖の低層に位置する生物に恩恵を与えているということがわかります。

ここでは、ブルリ潰瘍という皮膚病の原因となっている Mycobacterium ulcerans と呼ばれる細菌に焦点をあてました。

WHOによると、この病気は、抗生物質や手術で治療可能ですが、痛みを伴う潰瘍は、瘢痕化し外観を損ないます。

Buruli ulcer (Mycobacterium ulcerans infection)

アフリカ、南米、西太平洋地域の熱帯・亜熱帯地域に発生する傾向があり、2014年には新たな2,200人の患者が報告されています。

細菌

インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究員でこの研究の主著者アーロン・モリス氏は言います。

これまで、細菌のライフサイクルは謎のままでした。

科学者たちは、それが水生環境に関連していることは知っていましたが、その宿主やそれがどのように広がるのかについてはあまり知りませんでした。

私たちは、これを生物群集レベルで見て、生物群集内のどこに生息しているのかを解明しようと考えていました。

水生環境の特定の種と関連しているかどうか、それを特定し、土地利用の変化、特に環境に対する人間の圧力がこのバクテリアに影響を与えるかどうかを見てみたかったのです。

昆虫

研究者らは、ブルリ潰瘍が発生することが知られている国の一つであるフランス領ギアナの17の場所から、魚、昆虫、その他の無脊椎動物を含む3,000以上の水生生物を収集しました。

テストの結果、M.ulceransは、1つの種に自分自身を関連付けず、魚や昆虫など、食物連鎖の下位に位置する生物に最も多く生息している傾向があることがわかりました。

研究者たちはまた、それぞれの場所で、森林伐採や農業や都市の拡大など、人間が引き起こした生息地の環境悪化を評価し、それがバクテリアを含む生物群集にどのような影響を与えたかを調べました。

その結果、環境悪化は、食物連鎖の上位に位置する大型の捕食者やその他の生物を減少させる傾向があり、彼らが通常食べるはずの下位に位置する生物へのプレッシャーが軽減され、繁栄を可能にしていることがわかりました。

M.ulceransにとっては、下位レベルの生物が好ましい宿主であるため、これらの環境ではバクテリアは実際にはより多く存在していました。

さる

モリス氏は言います。

生息地の破壊が大きくなると、バクテリアを運ぶ生物は再び減少してしまうのです。

言い換えれば、人間の活動の一定量は、細菌に恩恵を与えることができますが、あまりにもそれが大きい場合、低層の宿主であっても死滅し始め、環境に大きなダメージを与える可能性があります。

他の種類の細菌についても同様の結果が得られるかどうかは、1つの種のみを調査したこの研究では明らかになっていません。

しかし、この研究は、個々の宿主種ではなく、任意の生息地における完全なコミュニティを見ていることを示しています 。

これは、様々な異なる宿主に住むことができる寄生虫によって引き起こされる感染症が、人間の影響でどのように変化するか、重要な洞察を提供するものです。

ジャガー

The PostのChris Mooneyが報告したように、ジカウイルスのような近年出現した最も憂慮すべき感染症のいくつかは、人間活動によって発生したものです。

The hidden environmental factors behind the spread of Zika and other devastating diseases

生態系を変化させる人間の様々な活動を認識することは、ジカやマラリアのような病気が将来どのようになるかを解明する上で大きな一歩となります。

この研究は、これらの調査に別の側面をもたらしています。

それは、森林伐採やその他の人間の活動は、単に景観を変えるだけでなく、そこに生息するすべての生物の間の複雑な相互作用を変化させ、時には新しい種や以前に抑制されていた種が出現して繁栄する余地を与えてしまいます。

そしてこれは、あらゆる種類の予期せぬ、そして時には望まない結果につながります。