Veganではない人にもおすすめのVeganドキュメンタリー映画

映画Lifestyle
出典:http://www.foodchoicesmovie.com/

Veganではない方にも機会があれば是非見てもらいたいドキュメンタリーです。

これ以外にも素晴らし映画はたくさんありますが、今まで私が観たものからいくつか紹介します。

映画

出典:http://www.foodchoicesmovie.com/

Cowspiracy : The Sustainability Secret

監督:Kip Andersen and Keegan Kuhn
出演:Kip Andersen, Lisa Agabian and Manucher Alemi
時間:1時間30分

Netflixで視聴できます

環境に対する畜産農業の影響と、この問題に関する環境団体の方針を探る2014年のドキュメンタリー映画です。この映画は、地球温暖化、水利用、森林破壊、海洋汚染など、さまざまな環境問題に注目し、畜産農業が環境破壊の主な原因であることを示唆しています。

公式サイト

What The Health


監督:Kip Andersen and Keegan Kuhn
出演: Kip Andersen, Larry Baldwin and Neal Barnard
時間:1時間37分

Netflixで視聴できます

2017年のドキュメンタリー映画で、肉と乳製品の消費が健康に与える影響を明らかにし、食品業界全体の慣行に疑問を投げかけたうえで、健康食品会社や製薬会社が人々に慢性疾患と食事との関係について知られたくない部分を深堀していきます。

公式サイト

The Game Changers

監督:Louie Psihoyos
出演:James Wilks, Arnold Schwarzenegger and Patrik Baboumian
時間:1時間48分

Netflixで視聴できます
Amazon Primeで視聴できます

元UFCファイターのジェームズ・ウィルクスが世界中を旅して、プラントベースな食生活をおくるトップアスリートと会い、栄養学の視点からプラントベース食のメリットを伝える2018年のドキュメンタリー映画です。

牛肉に含まれるタンパク質は牛が食べる植物に由来し、牛や豚や鶏は中継ぎの立場です。タンパク質はアミノ酸が結合したもので、植物にもすべての必須アミノ酸が含まれています。筋力を作るための適量のアミノ酸消費は、動物性か植物性かは関係ないということが分かりました。つまり、わざわざ肉を食べなくても、植物性の食べ物から体に必要なアミノ酸を摂取することができます。

公式サイト

Food, inc

監督:Robert Kenner
出演:Michael Pollan, Eric Schlosser and Richard Lobb
時間:1時間34分
2008年のアメリカ映画、アメリカの食品産業に潜む問題点に切り込んだフード・ドキュメンタリーです。広大な農場に散布される農薬、遺伝子組み換え問題など、大量生産低コストの裏側にあるリスクを伝え、消費者の手に渡るまでを描き、本当に価値ある食品とは何かを考える材料を提供しています。

Vegucated


監督:Marisa Miller Wolfson
出演:T. Colin Campbell, Brian Flegel and Joel Fuhrman
時間:1時間16分

Amazon Primeで視聴できます

肉とチーズを愛する3人のニューヨーカーが、6週間ビーガンなライフスタイルに挑戦した結果、減量と健康回復を体験してその魅力に気づき、畜産農業の隠れた側面を明らかにし始める様子を、時にはコメディタッチで描くドキュメンタリーです。

公式サイト

Speciesism:The Movie


監督:Mark Devries
出演:Steven Best, Richard Dawkins and Gary Francione
時間:1時間34分

ピーター・シンガー、リチャード・ドーキンス、ゲイリー・フランシオン、テンプル・グランディン、スティーブン・ベストへのインタビューと、米国の工業畜産農場の様子を撮影した2013年のドキュメンタリー映画です。人間を人間以外の種よりも価値があると考との考えを正当化する根拠は存在しないとする主張から、工業畜産はSpeciesism(種差別)の最たるもので人類の歴史の中で最も大きな悪のひとつだと宣言します。

公式サイト

Food Choices


監督:Michal Siewierski
出演:Michal Siewierski, Pam Popper, T. Colin Campbell and Joe Cross
時間:1時間31分

このドキュメンタリーは、28人の専門家へのインタビューと映像を通し、食物の選択が人々の健康、地球環境、そして他の生物に与える影響を探り明らかにします。また、健康的な食事とされてきた食物に関する誤解についても議論し、これらの問題に関する新しい視点を提供しています。

公式サイト

Eating Animals

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

監督:Christopher Dillon Quinn
出演:Narrated by Natalie Portman
時間:1時間34分

2009年に作家のジョナサン・サフラン・フォアが執筆した同名ノンフィクション(邦題「イーティング・アニマル-アメリカ工場式畜産の難題(ジレンマ)」)を、ドキュメンタリーとして映像化したもの。工業畜産の問題を提起しながら、普段口にする食べ物を見直していきます。

公式サイト


監督:Shaun Monson
出演:Narrated by Joaquin Phoenix
時間:1時間35分


ホアキンフェニックスによるナレーションで、2005年に公開されたドキュメンタリー映画です。Earthlingとは地球に住む全ての生物をさし、ペット、食べ物、衣服、娯楽、動物実験の5つで搾取される動物たちの実際の映像を背景に、動物の権利を訴えます。監督のショーン・モンソン、制作のリブラ・マックスとマギー・Q音楽のモービーは全員ビーガンです。

公式サイト

Racing Extinction


監督:Louie Psihoyos
出演:Louie Psihoyos, Elon Musk and Joel Sartore
時間:1時間30分

Amazon Primeで視聴できます

地球温暖化や密猟等を原因とする現在進行中の種の絶滅に関する包括的なテーマを扱ったドキュメンタリーです。Racing ExtinctionのWebサイトでは、種の絶滅を防止するキャンペーンに関する情報を提供しています。この映画は海洋保護協会によって作成されました。

公式サイト

Death on a Factory Farm


監 督:Tom Simon and Sarah Teale
出演:Bradley Miller, Bob Baker and Ken Wiles
時間:1時間23分

The Humane Farming Association(HFA)による調査によりあきらかになった、農場の従業員による動物への虐待の実態を裁く裁判を描くドキュメンタリーです。検察官は、病気の豚をフォークリフトのチェーンにつるし窒息させるなどした農場の所有者と、虐待に参加した従業員を刑事告発しました。

公式サイト


監督:Chris Delforce
出演:Joaquin Phoenix、Rooney Mara、Sia、Kat Von D、Sadie Sink、Chris Delforce
時間:2時間

オーストラリアの工場畜産の実態を中心に、動物を搾取して作られた衣服、娯楽、動物実験、ペット産業の実態を、ドローンを使った空撮や隠しカメラ等を使って撮影し描き出すドキュメンタリーです。ナレーションは、ホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラ、シア、セイディー・シンク、キャット・ヴォン・Dなど。

公式サイト