Veganって何?ベジタリアンとの違いやライフスタイルを分かりやすく解説

ひよこLifestyle

最近、ニュースなどで「ビーガン Vegan」といいう言葉を耳にしたり目にすることが多くなったと思います。

社会に認識が広まるのはうれしいことですが、一方で、Vegan生活の理由や目的といった側面からの理解については混乱しているようにも見受けられます。

そこで今回は「ベジタリアン」との違いや、Veganを実践する理由を分かりやすく解説します。

決して「こうでなければいけない」と示唆するものではなく、社会の認識が混乱気味な「Vegan」というライフスタイルを少しでも正しく知っていただければという思いです。

Veganの語源と歴史

‘1944年にイギリスで発足した”The Vegan Society“という協会が、もともとあった”Vegetarian”という言葉の最初と最後の文字をとって(VEGETARIAN )”Vegan”という言葉を作りました。

従来からあるベジタリアン主義の新たな始まりという思いを込めたそうです。

余談ですが、”Vegan”の日本語表記について、「ビーガン」と「ヴィーガン」がみられますが、『広辞苑 第7版』への改定時、(掲載は見送られましたが)新収録候補にあがったのは「ビーガン」でした。

Veganの定義

やぎと子供

The Vegan Societyによると、Veganismとは、「人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義 “the doctrine Vegnismould live without exploiting animals”」のことであり、Veganとは、その目的が達成されることを願い、「個人的な状況が許す限りこの理想に近い生活をすることに努めている人」のこと、とされています。

なので、Veganというのは「」を示す言葉として作られたということがわかります。

ベジタリアンとの違い

サラダ

ベジタリアンも、肉や魚を食べませんが、その理由は、そもそも肉や魚が嫌いであったり、自分の健康のためであったり、環境のため、スピリチュアルな理由など様々です。

そのため、

・ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)

・ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)

・ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)

など多くに分類されます。

一方、Veganは「可能で実用的な限り、動物からの搾取や、動物への残虐な行為を排除する」という一つの理由から実践される生き方をする人をいいます。

マーケティング用語としての”Vegan”

雑誌

さらに混乱を深めているのは、最近多く使われるようになったマーケティング用語としてのVeganという言葉が広まっていることです。

「マクロビ」や「グルテンフリー」「プラントベースドダイエット」などと同様、「Vegan」もそのひとつと捉えられがちですが、前述のとおり、Veganは、美容や健康とかダイエットなどを根拠とする考え方や生き方とは異なります。

Veganが消費しないもの

うさぎ

「可能で実用的な限り、動物からの搾取や、動物への残虐な行為を排除する」というライフスタイルを実践するために、Veganは消費しないものがあります。

こうして羅列すると、ずいぶんと制約的に感じるかもしれませんが、現代の社会で生きる上で「無くても困らないもの」ばかりなのでそう難しいことではありません。

食品

肉、魚、乳製品、卵、はちみつ、ゼラチンなどの動物由来成分を含む加工品、乳化剤などの添加物に動物由来の材料が使われているもの。

白砂糖や一部の酒類など製造過程で動物由来のものが使われている製品、動物の自然生存地を著しく破壊し栽培されるパーム油等も可能な限り避けます。

また、動物実験を行っているメーカーの食品も購入しないよう心掛けます。

Veganがパーム油を避ける理由と問題解決にむけて求められること
Veganは、たとえ植物由来原料だとしても、それが「可能で実用的な限り、動物からの搾取や、動物への残虐な行為を排除する」ライフスタイルに反する製品の消費を避けます。 今日はそんな原材料のひとつ、パーム油について、その生産が及ぼ...

衣類・くつ・バッグ・小物など

毛皮、ウール、レザー、シルク、スェード、アンゴラ、モヘア、ダウン等、動物由来の材料でできたものは身に着けません。

寝具・家具・家庭用品

ダウン、ウール、シルクを使った寝具、レザーやウールのソファ、ラノリン、ゼラチン、ハチミツなど動物由来の原料を使った化粧品やシャンプー類、動物実験が行われている生活用品や化粧品。

生きたまま羽をむしり取られる水鳥 Veganがダウンを避ける理由
Veganという生き方を知るまでダウン(羽毛)は鳥の抜け落ちた羽を使っているのだと思っていました。 しかし、一歩街に出れば大勢の人がダウンを着ているし、寝具売り場には羽毛布団が山積みになっています。 これだけの需要を、鳥の換羽に...

娯楽

水族館、動物園、観光牧場、観光地での馬車や乗馬、競馬など、動物を利用したギャンブルやエンターテイメントは利用しません。

消費しないことで自分らしく生きる

笑顔の女性

「消費」はお金を支払って行う「投票」です。

与えられたものを与えられるがまま消費するのではなく、その商品がどう作られたのか、原料はどう調達されたのか、思いを巡らせ、自分らしく生きるライフスタイルに合った商品やサービスを選択し消費することで、その企業や提供者を応援することにつながります。

日々の消費行動が社会システムや環境等に与える影響を考えながら行動することで、未来につながる第一歩を踏み出したいですね。

Vegan初心者の頃に読みたかった 私の人生を変えた本10冊
昔から読書は大好きでずいぶんと本を読んできました。 そのなかで人生を変えるような影響を受けた本も少なからずあります。 今日は、なんとなく生きていた私の人生を変えた”Vegan”という生活を送るうえで役に立った本10冊をシェアしま...